肩こりを予防する方法と水泳が肩こりに良い理由3つ | Lither Base notes – 肩こりを予防する方法と水泳が肩こりに良い理由3つ – 健康美容専門メディア|Lither Base notes
「ココロとカラダをととのえる」健康美容専門note

肩こりを予防する方法と水泳が肩こりに良い理由3つ

肩こりと水泳

デスクワークや毎日の家事をしていると、肩こりが辛いですよね。その度にマッサージや整体に通ってたらお金がいくらあっても足りません。でも肩こりを日常生活の中で、治せれば最高ですよね。
今回は、水泳によって、肩こりを改善した例から、具体的な改善方法まで紹介していきます。

目次

1,肩こりの原因

肩こりと水泳

肩こりは、姿勢が悪いことが原因と考えられています。デスクワークの際の姿勢が猫背になっていたり、掃除の際に無理な体制で行っていることが原因で肩こりを引き起こすことがあります。姿勢が悪いと、肩周辺の筋肉が常に緊張し続けるため、肩の筋肉が硬直してしまうのです。

そのほかの事象では、心身のストレスやブルーライトの見すぎによる目の疲れも肩が凝る原因となります。
しかし、これらは水泳をすることで、肩こりの解消や、ストレスの解消など肩こりの原因にアプローチすることができます。

2,水泳中のポイント

肩こりと水泳

2-1 スピ―ドはゆっくり

肩こりを解消するポイントは、首から肩の筋肉をほぐすことです。整体やマッサージでは、施術士がアプローチするポイントを考えれば分かりますよね。

水泳で首から肩の筋肉をほぐすためには、ゆっくりとなるべく長い時間で泳ぐことで肩の筋肉をリラックスさせることが重要です。長く泳ぐことは、ダイエットにも繋がりますのでダイエットを意識する場合にもおすすめです。

2-2 肩甲骨を意識

肩甲骨は、肩の真下にある骨で、腕を動かす動作を補助する筋肉です。肩甲骨は稼働することが多く、特に筋肉が緊張しやすいのですが、肩甲骨をリラックスさせることで、肩回りの血行をよくすることができます。結果肩こりの解消に繋がります。

2-3 平泳ぎや背泳ぎで泳ぐ

平泳ぎや背泳ぎが良いという理由は、上記に挙げた2つのポイントを意識しながら泳ぐことができるからです。どちらが良いかは特にないので、自分の好きで得意な泳法を選んで泳ぎましょう。

3,水泳が肩こりに良い3つの理由

肩こりと水泳

3-1 全身運動かつ有酸素運動

水泳は、全身運動なので血流をよくし、インナーマッスルまで鍛えられる最高の運動です。身体を鍛えながら、ストレスと肩こりを解消できる方法が他に思いつきません。水泳選手の身体が逆三角形で

綺麗に鍛えられていることからも分かりますね。

3-2 肩を回す運動が無理なくできる

特に平泳ぎや背泳は、肩周辺の筋肉を無理なく動かせる
マシンを使った無酸素運動の筋トレは、肩に負荷がかかり肩こりを助長してしまう可能性があります。


3-3 継続しやすい

無酸素運動でハードな筋トレは継続するのが難しいけど、有酸素運動の水泳は気持ちよく運動ができるので継続しやすいのが特徴です。

暑い日に外でランニングはしたくないけど、冷たい水に浸かりながら、健康的に肩こりも解消できたら言う事なしですね。

4,肩こり予防法

肩こりと水泳

肩こりの解決法として水泳を挙げましたが、肩こりにならないための生活習慣を知った方が有益ですよね。結論は、血流を良くすることです。血流を良くするための生活習慣を心掛ければ肩こりにはなりにくくなります。では血流を良くする生活習慣を3つ挙げます。

4-1 軽めの有酸素運動

今まで、水泳の効果を説明してきましたが、水泳以外でもウォーキングやストレッチでも十分肩こり予防になります。肩関節を回しながらウォーキングをしたり、軽めの関節回しは血流改善のサポートに効果的です。

4-2 入浴やサウナ

入浴によって、身体が温まり血流が良くなります。全身のこりや疲れも入浴によって和らぐことは周知の事実です。サウナもストレス解消になるので肩こりの解消に少なからずアプロ―チしてくれます。

4-3 重い荷物を極力持たない

基本的には、負荷がかかると、筋肉の硬直や緊張につながるので、買い物などで重い荷物は極力持たないようにしましょう。もし重い荷物を持つ必要があるのであれば、ショッピングカードを使ったり、エスカレーターやエレベーターを極力使うようにして肩に負担をかけないようにしましょう。

5,まとめ

水泳は心身の健康を保つために理想的な有酸素運動です。日常的な肩こりなどの悩みからストレス解消など様々な悩みにアプローチしてくれるので、近くに水泳できる環境があるのであれば

是非、日常生活に取り入れてみてください

by
ライティングから編集まで全てを統括する「Lither Base notes」の編集長。 毎日の健康維持と日々の美容ケアを欠かせない健康美容マニア。週一のサウナと食事にはこだわりがあります。


掲載の記事・写真・イラストなど、コンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright© P&F LLC All rights reserved.