赤ニキビの原因と対策とは? | Lither Base notes – 赤ニキビの原因と対策とは? – 健康美容専門メディア|Lither Base notes
「ココロとカラダをととのえる」健康美容専門note

赤ニキビの原因と対策とは?

赤ニキビ

赤ニキビがあると、「あの人、不潔そう」とか「だらしなそう」とか他人からのイメージは良くないものです。ニキビ一つでその人の印象というのが変わりますので、できればニキビがない綺麗な状態が良いですよね。それでは、赤ニキビの原因とその対策まで見ていきましょう。

目次

1,赤ニキビとは

赤ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂にニキビ菌が繁殖し、炎症が発生した状態で、痛みや腫れをともなうこともあります。ニキビには、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄色ニキビと進行するにつれ、症状もひどくなり、跡に残ったりと女性にとって悩みの種です。
赤ニキビの状態まで進行すると、肌の内部にまでダメージが加わっているため、ニキビの跡が残りやすく、ここに進行するまでにストップすることが大切になります。

2,赤ニキビの原因

ニキビの原因はこちらの記事で紹介しています。

睡眠不足とニキビの関係を徹底解析

 

ニキビができる原因は、大きく分けて2つあり、肌の乾燥とホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌です。肌が乾燥していたり、ホルモンバランスが崩れると、皮脂が毛穴に詰まり「白ニキビ」と呼ばれる炎症を起こしていないニキビが発生します。この段階で適切な対処をすれば、赤ニキビにまで進行しませんが、毛穴にアクネ菌(ニキビ菌)が繁殖すると炎症し、赤く腫れ上がった赤ニキビに変化するのです。

3,赤ニキビ対策

赤ニキビ対策のおすすめとしては、実践済で3つあります。

3-1, 正しいスキンケア

現在の肌とニキビの状態を入念にチェックしましょう。自宅でできる簡単セルフケアはまず基本となる洗顔と保湿。肌に合ったクレンジング剤を使い、ぬるま湯で優しく洗い流し、しっかり保湿。化粧水だけだと、水分は蒸発してしまうので、水分を逃がさないためにも保湿クリームは塗っておきましょう。

3-2, ニキビができても気にしない

まずは、できてしまったニキビには触れないことと気にしないことが大事です。炎症した状態の赤ニキビに手で触れると、手の細菌がさらに赤ニキビの炎症をひどくしてしまうこともあります。あとは、気にしないことも重要です。ニキビにはストレスは大敵ですが、ニキビがあると認識しているとそれだけでストレスになります。ニキビがあっても、ニキビがない普通の状態をイメージしましょう。

3-3,規則正しい生活

食事、睡眠、運動の基本的な生活習慣は赤ニキビにも効果的です。化粧品などの外側からのケアよりまずは内側からのケアを意識しましょう。睡眠は、6時間を目安に、眠りについた90分を大切に、食事はタンパク質や食物繊維、ビタミンB群を積極的に摂取しましょう。

4,やってはいけないケア

4-1, 保湿をしない

肌が乾燥していると、肌を守ろうと角層が過剰に作られ毛穴が詰まり皮脂が溜まった白ニキビができます。そうすると、ニキビの原因であるアクネ菌(ニキビ菌)が増え、赤ニキビや白ニキビが増えてきます。しっかり保湿し、肌のターンオーバーが順調ならニキビはどんどん良くなっていきます。

4-2, 刺激を与える

ニキビを治そうと、スクラブ剤入りの洗顔料を使ったり、泡立てないでニキビに触れるような洗顔は良くありません。洗顔をする際は、洗顔ネットなどで十分に泡立てて、泡を肌に乗せながらマッサージするようにしましょう。

4-3,ニキビをつぶす

ニキビができたら潰してしまう人がいますが、赤ニキビの状態であればこれは絶対ダメです。ニキビをつぶしてもなくなりませんし、肌にダメージを与えて色素沈着の原因になります。

5,まとめ

自宅でセルフケアとして、市販の薬を塗ったりするのも、状態が分かっていない状況だとさらに悪化させてしまうことがあります。赤ニキビができてしまったら、皮膚科に行って、医師の診断を得るのも重要な一手です。また回復にはターンオーバーが重要なので、メディカルケアに行ってみるのもおすすめです。

by
ライティングから編集まで全てを統括する「Lither Base notes」の編集長。 毎日の健康維持と日々の美容ケアを欠かせない健康美容マニア。週一のサウナと食事にはこだわりがあります。


掲載の記事・写真・イラストなど、コンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright© P&F LLC All rights reserved.