プロバイオティクスとは?おすすめ食品を紹介 | Lither Base notes – プロバイオティクスとは?おすすめ食品を紹介 – 健康美容専門メディア|Lither Base notes
「ココロとカラダをととのえる」健康美容専門note

プロバイオティクスとは?おすすめ食品を紹介

プロバイオティクス

最近、テレビなどのメディアで腸内環境に関することで、プロバイオティクスという言葉を耳にする機会が多くなってきたのではないでしょうか。今回は、プロバイオティクスとは何か、身体への健康効果や多く含む食品を紹介します。

目次

1,プロバイオティクスとは?

プロバイオティクス(Probiotics)とは、人体に良い影響を与える微生物(善玉菌)、または、それらを含む製品、食品のこと。

引用:wikipedia

ということで、食品に含まれる善玉菌を指します。最近では、サプリメントとしてプロバイオティクスを摂取できるように、商品化するケースが増えてきました。乳酸菌やビフィズス菌と言った菌をプロバイオティクスと言いますが、腸内フローラ(悪玉菌、善玉菌と日和見菌のバランス)を適正に保つことによって、下痢や便秘など腸に関する病気を予防してくれます。また、便秘や下痢になった場合でも、プロバイオティクスを積極的に摂取して善玉菌を増やすことにより、症状の改善をサポートしてくれます。

2,プロバイオティクスの効果

プロバイオティクスは、腸内環境の改善をサポートしてくれますので、便秘や下痢の予防といったよくあるお悩みにもアプローチしてくれます。また最近では、歯周病よる口臭を抑え、歯ぐきの健康を補助する口臭対策として、歯科医院にも置かれていますので、口臭が気になる方はチェックしてみてください。また、動脈硬化の改善のサポートやコレステロール低減などにアプローチしてくれると言われています。プロバイオティクスの商品は、Lither Baseオンラインストアかamazonから購入できます。

3,プロバイオティクスを含む食品

3-1 ヨーグルト

ヨーグルトは、乳酸菌を多く含み、便秘が気になる人はヨーグルトを摂取と言うのは、通説になっていますよね。もちろん腸内環境に良い効果をもたらせてくれるのですが、中でもギリシャヨーグルトはかなりおすすめです。一般的なヨーグルトと比較すると、タンパク質は2倍近く多く豊富に含まれており、低カロリーなのでカロリーを気にしている方にもおすすめ。それでいて価格も変わらないので、コスパは抜群です。

3-2 ピクルス

ピクルスは、酢漬けや自然発酵で作る食べ物です。西洋風の漬物として保存食代わりに作る人が多いようです。野菜などを一口サイズにカットして、酢漬けをしておくだけなので、料理をする時間がない忙しい人にもおすすめです。ただし、塩分が高く顔がむくんでしまったりするので食べ過ぎに注意しましょう。

3-3 味噌

発酵食品の代表格でもある日本人にお馴染みの味噌です。大豆を発酵させた味噌も貴重なプロバイオティクス源です。植物性たんぱく質も豊富に含まれている味噌は、味噌汁として食べると思いますが、日本人が長寿なのはこの味噌に秘訣があると言っても過言ではありません。味噌は、塩分を多く含んでいるので、調味料として塩を加えなくても、程よい感じに塩気を追加してくれます。それ故に、濃い味付けに慣れている人は、一回の摂取量に気をつけて、毎日摂取するようにしましょう。

3-4 キムチ

キムチは白菜、唐辛子、ニンニクなどで作られているので植物性の乳酸菌です。動物性乳酸菌と比較して植物性乳酸菌は、強い生命力を持っているので、長く生き残れます。結果として、生き残った菌は腸内環境のバランスを取るために、働いてくれるので身体にプラスに働いてくれるのです。

4,おすすめ腸活法

植物性乳酸菌の方が、メリットはありそうですが、筆者としてはヨーグルトをおすすめします。キムチや味噌は個人差はありますが、好き嫌いが分かれる思います。ヨーグルトが嫌いという方はあまり聞いたことがありません。また、キムチや味噌と比べ、ヨーグルトは料理としてアレンジしやすいので食べやすい形にすることが容易です。例えば、スムージを作る際に、少しヨーグルトを加えるだけでも良いですし、野菜が好きな方は、バーニャカウダーを作る際に、ヨーグルトをプラスしても良いでしょう。下記に、おすすめの腸活法を紹介します。

4-1 おすすめはハチミツヨーグルト

ハチミツに入っているオリゴ糖が、乳酸菌と同様に腸にいる善玉菌のエサになる働きがあります。オリゴ糖と善玉菌の相乗効果で腸内環境が整うので、ヨーグルトの栄養素がより吸収しやすくなります。

 4-2 夜食べるのがベター

便秘などの便通や、肌のターンオーバーを促すためにプロバイオティクスが働くので。体が修復モードに入る夕食により入れた方がベターでしょう。ただし、朝食に食べるのも予防という観点からはメリットはありそうです。

5,まとめ

小腸や大腸など、重要な臓器がある腸。プロバイオティクスは運動や睡眠などでは増えないので、毎日摂取することによって、あらゆる病気や症状の予防や改善をサポートしてくれます。毎日の継続が数年後に変化をもたらすことになる可能性を信じて、日常生活で積極的に摂取していきましょう。

 

by
ライティングから編集まで全てを統括する「Lither Base notes」の編集長。 毎日の健康維持と日々の美容ケアを欠かせない健康美容マニア。週一のサウナと食事にはこだわりがあります。


掲載の記事・写真・イラストなど、コンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright© P&F LLC All rights reserved.