脱毛前後のお酒は控えるべき?理由と対策 | Lither Base notes – 脱毛前後のお酒は控えるべき?理由と対策 – 健康美容専門メディア|Lither Base notes
「ココロとカラダをととのえる」健康美容専門note

脱毛前後のお酒は控えるべき?理由と対策

やっと取れた脱毛サロンの予約は週末だけど、急遽飲み会の予約が入ってしまった!という経験がある人はいるではないでしょうか?「キャンセルするのは難しい」という場合の対策を今回は紹介していきます。

目次

1,脱毛前後のお酒の影響とは?

脱毛とお酒

1-1 痛みを感じやすくなる

アルコールは、摂取すると一時的に体内の血流が良くなります。血流が良い状態でのレーザー照射はいつも以上に痛みを感じやすくなります。お風呂やサウナなど一時的に血流が良くなる入浴は問題ないですが、お酒を飲むと吸収して排出するまでに時間がかかるので、予約日の前日の飲酒は避けたほうが良いでしょう。

1-2 肌トラブルが生じやすくなる

アルコールを分解するために、体内の水分を使います。そのため水分が不足している肌状態でレーザー照射を行うと、脱毛後に照射部分に赤みや腫れが生じることあります。水分の十分な摂取はもちろん化粧水や乳液などで外側からのケアで万全な準備をしてお肌の潤いを保ちましょう。

1-3 脱毛効果が低くなるかも

アルコールの作用により、血流が良くなり照射による痛みを感じやすくなるので、施術師がレーザーの照射角度やレーザー出力をコントロールする可能性があります。

つまり本来必要である施術を受けることができないと、脱毛効果が得られない可能性が高くなります。脱毛は痛みとの戦いなので、そのリスクを抑えるためにも脱毛前の飲酒はNGです。

 

2,もし飲み会に誘われてしまったら?

脱毛とお酒

2-1 ノンアルコールで我慢する

美容サロンの予約は、数か月先まで予約が取れないなんてことは一般的です。

なので、一回キャンセルすると、脱毛のスケジュールが崩れてしまいます。そのような場合の飲み会はノンアルコール。飲酒運転対策で、飲食店でノンアルコール飲料を置いていない店はほとんどないと思うので、脱毛前の飲み会はノンアルコールかジュースで乗り切りましょう。

2-2 水でごまかす

お酒を飲むことは脱毛前後ではNGですが、もし間違えて少し飲んでしまったりした場合は、チェイサー(水)でアルコール濃度を薄めるようにしましょう。飲んでしまった時の解決策は、水を飲むか肝臓でのアルコールの分解を助ける、チーズやナッツを食べることがおすすめです。

3,脱毛後に気を付けるべきこと

脱毛とお酒

脱毛後に気をつけるべきことは主に2つです。

3-1 熱いお風呂や激しい運動は控える

入浴や激しい運動は血行を促進して体温を上げることにつながります。施術部位の赤みやかゆみの原因となりますので、施術後24時間は控えるようにしましょう。

3-2 日焼け

脱毛前後の日焼けは肌に炎症を与える可能性があるので注意が必要です。特に、海水浴シーズン前にデリケートゾーンのお手入れを考えている方は、施術後は紫外線に十分注意しましょう。

また、施術前の紫外線対策は言うまでもなく必須です。

4,お酒はいつから飲んでOK?

脱毛とお酒

お酒はも施術後、24時間は控えたほうが良いでしょう。施術後の肌はデリケートなので、外部からの刺激やお酒による血行促進で敏感になりがちです。飲み会など、ある程度飲むことが予想される時は1週間ほど期間を空けた方が良いでしょう。

脱毛効果に直接的な影響はないですが、美容的には飲酒をするのであれば、最低1週間以上経ってからにしましょう。

5,まとめ

働く人にとって飲み会はコミュニケーションの大切な場です。脱毛の効果を考えたら、避けたほうが良いですが、絶対に断れない機会であればまずは、クリニックに相談してみましょう。

飲酒後の脱毛に良いことはありませんので、くれぐれもご注意を。

by
ライティングから編集まで全てを統括する「Lither Base notes」の編集長。 毎日の健康維持と日々の美容ケアを欠かせない健康美容マニア。週一のサウナと食事にはこだわりがあります。


掲載の記事・写真・イラストなど、コンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright© P&F LLC All rights reserved.