酵素って何?酵素の働きと摂取方法 | Lither Base notes – 酵素って何?酵素の働きと摂取方法 – 健康美容専門メディア|Lither Base notes
「ココロとカラダをととのえる」健康美容専門note

酵素って何?酵素の働きと摂取方法

酵素と健康

普段の食生活で、意識しないでも酵素を摂取しています。酵素は人間が生きる上で大事な栄養素です。

今回は、酵素の役割や酵素の摂取の仕方を交えてどのようなものかを紹介していきます。

1,酵素とは?

酵素と健康一言で言うと、「たんぱく質」です。人間の生きる上での活動を調整する栄養素です。※但し「酵素」という栄養素はありません 酵素の役割として、食べ物を消化分解する機能、吸収、代謝の過程や、その他体内で行われる”化学反応”を進める役割が酵素です。

毎日の生活をする中で必要な酵素は、人間の体内には5,000種類の酵素があるとも言われています。酵素はたんぱく質なので熱に弱いです。加熱すると酵素の役割が低下してしまうので、調理の際には注意が必要です。

2,酵素の役割

酵素と健康
酵素の種類としては、有名な酵素として「消化酵素」挙げられます。消化酵素は、でんぷんを分解する酵素、たんぱく質を分解する酵素、脂質を分解する酵素の3つに分けられます。それぞれの栄養素や体内の働きに応じて、酵素が関係しています。

また、代謝酵素という酵素もあり、呼吸や運動に欠かせない化学反応に関わってくる酵素です。代謝酵素は、効果を防ぎ、免疫力や自然治癒力にも働くなど、生命に関わる重要な役割を担っています。その他にも呼吸や血圧の調整を司ることや、代謝においても老廃物を輩出し、新陳代謝を促す、活性炭素を除去する、けがや病気の回復を促進するなど生きる上で欠かせない役割があります。

酵素は、酵素だけで吸収ができずにビタミン、ミネラルが酵素を助ける働きをします。なので、ビタミン、ミネラルと一緒に摂ることで体内に吸収されやすくなります。体内デトックスには良いでしょう。

3,酵素の取り方

酵素と健康
自然界に存在する食物には、すべて消化酵素が含まれています。(逆に加工品には酵素は含まれていないのか、含有量が少ない)具体的には、生野菜、魚、果物などは酵素が豊富に含まれています。さらに食品の例を挙げると

  • 果物:キウイフルーツ、イチゴ、パイナップル、パパイヤ(炭水化物消化酵素)
  • 野菜:山芋、キャベツ、大根おろし(でんぷん消化酵素)

また、毎日の食卓で摂取した方がいい食べ物として、「発酵食品」が挙げられます。
発酵食品は、発酵する過程で酵母菌が生まれて、様々な酵素ができます。具体的な食品例としては、醤油、みそ、納豆、ヨーグルト、糠漬、チーズなどがあります。

特に日本食には、味噌汁が並ぶ機会も多いので、馴染み深いかもしれません。味噌を追加する際に、火を止めるのは加熱によって味噌の酵素が失われるからです。余談ですが、味噌汁(味噌)は日本のスーパーフードとも呼ばれています。

4,まとめ

酵素を摂ることで健康にはなる訳ではなく、健康に繋がると覚えておくと良いかもしれません。酵素は身体にとって不可欠なので、日々の生活から摂ることを意識しましょう。

特に生野菜や果物を積極的に摂るようにし、酵素不足を解消しましょう。

by
ライティングから編集まで全てを統括する「Lither Base notes」の編集長。 毎日の健康維持と日々の美容ケアを欠かせない健康美容マニア。週一のサウナと食事にはこだわりがあります。


掲載の記事・写真・イラストなど、コンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright© P&F LLC All rights reserved.