【実体験】体内デトックスには断食が有効であるか? | Lither Base notes – 【実体験】体内デトックスには断食が有効であるか? – 健康美容専門メディア|Lither Base notes
「ココロとカラダをととのえる」健康美容専門note

【実体験】体内デトックスには断食が有効であるか?

デトックス

今回は、プチ断食が与える身体への変化をお伝えします。定期的な断食によるデトックスは体内の老廃物を排出し、健康に良いことが分かっています。では体内デトックスには断食が有効である理由を実体験を交えて話を展開していきます。

目次

1,断食のスケジュール

デトックスと断食

断食のテーマは

  • 栄養失調にならないような健康管理
  • 無理をしない

というシンプルなもので、イスラム教のラマダンのように日の入りから日没まで固形物を口にしないという断食法でやりました。

AM5時に起床後に水を200ml飲んだ後、野菜やヨーグルトなどの軽めの朝食を摂り、半日断食中の3日間は朝6時から夜の6時までの間に固形物を摂取しませんでした。

夜は、普段の食事量の半分ぐらいでkcalにしたら、だいたい1,300kcalぐらいです。一般的に成人男性は1日に2,300-3,000kcalぐらいのカロリー摂取が推奨されてますので丁度半分ぐらいです。

3日間続けたところ、体重は1.2kg落ち、半日断食を始める前まで少し便秘気味だったのですが、便通も改善されました。効果を身をもって実感することができました。

2断食デトックスの効果

デトックスと断食

  • 内臓の休息 疲れた内臓に休息を与え、機能を回復する
  • 食生活の改善 乱れた食生活のリセット
  • 体内デトックス 余分な脂肪が燃焼し、老廃物が排出されリフレッシュ

断食をすると、頭がすっきりすると言う人がいますが、脳が働くために必要なエネルギーであるブドウ糖を断食中は摂取しなくなるので、集中力は落ちるというのが定説です。

しかしながら、その際にブドウ糖の代わりに脂肪を燃焼してケトン体を作り、エネルギーを作ろうとします。その結果、脂肪が燃焼されるので体重が落ちるのは分かっていますが

継続すると、ケトーシスになるので注意が必要です。

3,初めてなら食事量を減らすことから始める

デトックスと断食

いきなり、1日断食のようなハードな断食から始めると、栄養失調や体調不良に陥る可能性が高くなるので、初めて断食をする人は、半日断食や半断食のように軽めの断食から始めることをおすすめします。特に、断食開始後は、慣れないためストレスも溜まりやすくなります。デトックスのために行っている断食でストレスが溜まってしまっては、意味がありません。

まずは食事量を減らし、身体を慣らしてから、断食の準備をし、取り掛かるようにしましょう。

4,週末に時間を確保できる人は1日断食を

デトックスと断食
平日に飲み会が多かったりするけど、週末は時間を確保できる人は1日断食をオススメします。1日断食は、24時間(1日)、水のみで過ごす断食方法です。こちらもいきなり1日断食だと辛いので、

週末に行うなら、金曜日の昼頃から徐々に食事量を減らしていき、週末の1日でデトックスを行うのです。平日は、仕事でエネルギーを使うので、土曜日に1日断食を行い日曜日には回復食を取り入れ

徐々に慣らしていき、月曜日を迎えるようにしましょう。週に1日の断食デトックスでも継続して隔週行うと、日々のパフォーマンスは向上するでしょう。

5,まとめ

体内のデトックスを行うには、一定期間固形物を食べないで、水だけで過ごすのが手っ取り早い方法です。体外に排出する方法は、発汗や排便など様々な方法がありますが、排便によるデトックスが

効果的だと考えられます。まずは、無理のないように継続していきましょう。

by
気がついたら健康オタクになっていた平成生まれの30歳。 日々健康についての実験をしています。 朝食はスムージー、間食はナッツの時が多いです。 サウナ歴3年のサウナーです。 筋トレが足りてません!


掲載の記事・写真・イラストなど、コンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright© P&F LLC All rights reserved.