コーヒーはむくみ予防に良い?悪い?飲む時のポイント | Lither Base notes – コーヒーはむくみ予防に良い?悪い?飲む時のポイント – 健康美容専門メディア|Lither Base notes
「ココロとカラダをととのえる」健康美容専門note

コーヒーはむくみ予防に良い?悪い?飲む時のポイント

コーヒーとむくみ

コーヒーがもつ作用は、むくみの予防に役立つといわれています。しかし、飲み方を誤ってしまうと、かえってむくみが悪化することもあるのです。

今回は、コーヒーとむくみの関係と、コーヒーを飲む時に心がけたいことを解説していきます。

目次

1,コーヒーがむくみ予防に良いと言われる理由

コーヒーとむくみ

コーヒーに含まれているカフェインには、利尿作用があります。摂取したカフェインは、自律神経の一種である交感神経に刺激を与えます。すると、腎臓の血管が拡張して、血流が増加するのです。その結果、尿の生産量と排尿の回数が増えます。

この利尿作用のメリットの一つが、むくみの予防や解消に繋がる点です。尿の生産量が増えて、排尿の回数が増えれば、体内の水の循環が良くなります。そして、余分な水分が溜まるのを抑えることができれば、むくみが起こりにくくなるのです。

つまり、カフェインを含むコーヒーを適度に飲んで、体の水分バランスを良い状態で維持できれば、むくみ予防にも繋がる可能性があります。

参照:カフェインがもたらす利尿作用のメカニズムを医師に聞いた!

2,コーヒーがむくみの原因になると言われる理由

コーヒーは、飲み方によってはむくみの原因になる場合があります。ここでは、なぜコーヒーがむくみの原因になるのか解説します。

2-1 水分不足を悪化させる場合がある

むくみの原因の一つとして、体内の水分不足が挙げられます。水分の取り過ぎもむくみの原因になりますが、かと言って水分の摂取を控えてしまうと、逆効果になるのです。

体内の水分が少なくなると、体は水分を逃さないようにするため、水分を溜め込むようになります。つまり、水分の摂取量が少ない状態で、利尿作用があるコーヒーを飲み過ぎると、体の水分が更に不足してむくみに繋がるのです。

2-2 カリウムの吸収を抑える

むくみを防ぐためには、カリウムの働きが必要不可欠です。カリウムは、ミネラルの一種で、体の細胞内に沢山存在しています。

カリウムには、過剰なナトリウムの排泄を促す働きがあります。このカリウムが不足すると、ナトリウム濃度を下げるために水分を多く含み、むくみになるのです。

コーヒーに含まれているカフェインは、カリウムの吸収を阻害します。また、体内のカリウムは、7~9割程度が尿として排出されます。ですので、コーヒーを沢山飲んで、排尿の回数が増えると、カリウムが不足してしまうのです。

参照:カリウム‐成分情報

2-3 体を冷えや血行を悪化させる場合がある

コーヒーに含まれているカフェインを多く摂取すると、交感神経の働きが高まる場合があります。交感神経の働きが増えて自律神経が乱れると、血管が収縮します。すると、血行が悪くなって冷えが起こるのです。

血流が悪くなると、水分の巡りも悪くなります。体の水分が細胞と細胞の間にたまると、むくみになるのです。

参照:冷えとむくみは関係ありますか

3,コーヒーでむくみを起こさないために心がけたいこと

コーヒーとむくみ

コーヒーを飲んで、むくみを起こさないようにするには、正しく飲むことが大切です。ここでは、コーヒーを飲む時の注意点を解説します。

3-1 コーヒーを飲み過ぎない

コーヒーのカフェインを過剰摂取すると、むくみの原因に繋がります。コーヒー1杯あたりのカフェインの量は、約80~100mgです。カナダ保健省では、1日あたりのカフェイン摂取量を、400mgとしています。(健康な成人の場合)ですので、コーヒーを飲むなら、1日2~3杯程度にしましょう。

また、カフェインの利尿作用は、血液中にカフェインが残っている間、続くと言われています。カフェインをなるべく摂取したくない方は、カフェインレスのものを選びましょう。

参照:食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A

3-2 水をしっかり飲む

むくみを防ぐためには、水分補給をしっかりすることが大切です。しかし、コーヒーは利尿作用があるため、水分補給に適しているとは言えません。

普段コーヒーを飲んでいる人は、水も十分に飲むことを心がけましょう。水分の1日の目標量は、男性の場合は2L以上、女性は1.5Lです。水の飲みすぎも、むくみの原因なるので注意しましょう。

夜寝る前に水を多く飲むと、翌朝むくみやすくなります。水を飲むなら、日中に小まめに飲むことをおすすめします。

3-3 カリウムを摂取する

コーヒーを頻繁に飲んで排尿回数が増えると、カリウムが不足しやすくなります。そのため、コーヒーをよく飲む人は、カリウムを含む食品を意識して食べましょう。

カリウムは、バナナやアボカド、のりやヒジキなどに多く含まれています。カリウムを含む食品を、熱や水で調理すると、損失することがあります。カリウムを食事で摂取するなら、調理方法に注意しましょう。

3-4 体を冷やさない

コーヒーを沢山飲むと、カフェインの作用によって、体が冷えやすくなる場合があります。コーヒーを頻繁に飲む人は、普段から体を温めることを心がけましょう。

お風呂にゆっくりつかることもおすすめです。お風呂の中でマッサージをすると、より血行が良くなる効果が期待できます。

4,まとめ

コーヒーには、利尿作用があるカフェインが含まれています。このため、飲み方によっては、むくみ予防に役立ったり、反対にむくみを起こしたりする可能性があるのです。

コーヒーを飲むなら、飲む量に十分注意することが大切です。そして、普段から水をしっり飲んで、体を冷やさないようにしましょう。



掲載の記事・写真・イラストなど、コンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright© P&F LLC All rights reserved.