ごぼう茶が血糖値の上昇を抑える理由と効果的な飲み方 | Lither Base notes – ごぼう茶が血糖値の上昇を抑える理由と効果的な飲み方 – 健康美容専門メディア|Lither Base notes
「ココロとカラダをととのえる」健康美容専門note

ごぼう茶が血糖値の上昇を抑える理由と効果的な飲み方

ごぼう茶と血糖値

ごぼう茶を飲むことで、血糖値の上昇を抑制する効果が期待できます。健康を維持したい方は、なるべく毎日飲むと良いでしょう。

今回は、ごぼう茶が血糖値の上昇を抑える理由と、効果的な飲み方を紹介します。

目次

1,ごぼう茶の特徴

ごぼう茶と血糖値

ごぼう茶とは、ごぼうを乾燥させてから乾煎りし、焙煎させたお茶です。香ばしい香りと甘みのある味で、美味しく飲めます。

ごぼうは、皮や皮の近くに、多くの成分を含んでいます。しかし、料理で使う場合、ごぼうの皮を取り除いてしまうのです。ごぼう茶なら、ごぼうの成分を上手に摂ることができます。

ごぼう茶には、イヌリンやリグニン、サポニンやカリウムなど、様々な成分が含まれています。食物繊維が豊富なので、健康や美容、ダイエットにも役立つのです。カフェインは含まれていないので、妊娠中の方も安心して飲めます。

2,ごぼう茶が血糖値の上昇を抑える理由

ごぼう茶と血糖値

ごぼう茶には、血糖値の上昇を抑える成分があります。ここでは、ごぼう茶の成分がどのように血糖値の上昇を抑えるのか解説します。

2-1 そもそも血糖値とは?

血糖値とは、血液の中に入ってきた『ブドウ糖』の量を指します。食事などで摂取した糖質は、体内で消化酵素の働きによって分解され、ブドウ糖や果糖になります。ブドウ糖は体内に吸収された後、血液に入って全身に運ばれ、エネルギー源として使われるのです。

食後に血糖値が上昇すると、『インスリン』というホルモンが分泌されます。インスリンの働きによって、血糖値が低下するのです。しかし、インスリンの作用が低下すると、血糖値が下がらない状態が続き、健康に悪影響を与える恐れがあるのです。

参照:知っておきたい、糖質の吸収を穏やかにするポイント

2-2 イヌリンが糖の吸収を抑える

ごぼう茶に多く含まれるイヌリンには、糖の吸収を抑える効果が期待できます。イヌリンは、水に溶けやすい水溶性食物繊維です。

摂取したイヌリンは、体内で水に溶けてゲル状になります。すると、余分な糖を包んで吸収を抑えてくれるのです。糖の吸収が抑えられると、血糖値の上昇も抑制されます。また、インスリンの分泌量も少なくなるのです。

関連記事:99%の人が聞いたことのない腸活に効くイヌリンとは?

2-3 イヌリンは善玉菌のエサになる

腸内には、腸内細菌が多く集まっています。この腸内細菌の集まりは、花束のように見えることから、『腸内フローラ』と呼ばれています。腸内フローラが乱れると、血糖値のコントロールが難しくなるといわれているのです。

腸内フローラには、善玉菌や悪玉菌が存在します。悪玉菌が増加すると、悪玉菌の影響で体内に炎症が起きて、インスリンの分泌量の低下に繋がるのです。

善玉菌には、悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。つまり、善玉菌を増やして、腸内フローラを整えることができれば、正常な血糖値を維持できるのです。

ごぼう茶に含まれているイヌリンは、腸内で分解されることで、『フラクトオリゴ糖』という善玉菌のエサになります。ごぼう茶のイヌリンで、善玉菌を増やすことができれば、悪玉菌の増殖を抑えられるのです。

参照:腸内フローラと糖尿病

2-4 不溶性食物繊維が悪玉菌の増加を抑える

悪玉菌が優勢になる原因の一つとして、何日も排便がないことが挙げられます。排便がない日が続くと、腸内に老廃物が長くとどまり、腸内環境が悪化するのです。つまり、正常な血糖値を維持するためには、お通じを良くして、腸内環境を整えることも大切です。

お通じを良くするには、ごぼう茶の出がらしに残る不溶性食物繊維が役立ちます。不溶性食物繊維は、体内で水分を吸収して膨らみ、腸のぜん動運動を促します。腸のぜん動運動が活発になれば、便通が促されるのです。

3,ごぼう茶の効果的な飲み方

ごぼう茶と血糖値

普段の食生活に、ごぼう茶を上手に取り入れることで、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

ごぼう茶を、だし汁として使った味噌汁に、きのこを入れることをおすすめします。きのこ類も食物繊維を豊富に含んでいるので、腸内環境を整えたり、食べ過ぎを抑えたりするのに役立つのです。

ブナシメジには、インスリンの分泌を促進する作用があるといわれています。ごぼう茶とブナシメジを味噌汁に使うことで、より効率よく血糖値の上昇の抑制をサポートできるのです。

4,ごぼう茶の選び方のポイント

ごぼう茶と血糖値

市販のごぼう茶を購入するなら、以下のような商品がおすすめです。

  • ごぼうを皮ごと使っているもの
  • 粉末タイプのもの
  • イヌリンが多く含まれているもの

ごぼうの成分は、皮にも豊富に含まれています。ごぼうの皮ごと使っている商品なら、ごぼうの成分をより摂取することができるのです。

ごぼう茶には、粉末のものや茶葉、ティーバッグのものがあります。ごぼうを皮ごと粉末にしている商品なら、成分をよりしっかり摂取できます。商品によっては、生のごぼうよりも、多くの食物繊維を含んでいるものもあります。

また、ごぼう茶を飲むなら、イヌリンが多く含まれている商品がおすすめです。ごぼう茶を選ぶときは、成分の含有量をチェックしましょう。

ごぼう茶の作り方については、こちらの記事を参考にしてください。

参照:ごぼう茶は便秘解消に役立つ!作り方と効果的な飲み方

5,まとめ

ごぼう茶に含まれている成分には、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。成分の働きを得られれば、糖の吸収を抑えたり、腸内環境を整えたりして、血糖値の上昇の抑制をサポートできるのです。

普段の食事に、ごぼう茶を上手に取り入れて、健康的な体を維持しましょう。

関連記事:GIってなに?低GI食品の食べ方とGLの解説

by
アラサーに入ってから美容に目覚めたライター。肌の保湿力を高めるスキンケアを実践中。体のめぐりが良くなるように、意識してウォーキングをしています。記事を通して「もっと魅力的になりたい」という願いをサポートします。


掲載の記事・写真・イラストなど、コンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright© P&F LLC All rights reserved.