エイジングケアの正しい知識とその重要性とは? | Lither Base notes – エイジングケアの正しい知識とその重要性とは? – 健康美容専門メディア|Lither Base notes
「ココロとカラダをととのえる」健康美容専門note

エイジングケアの正しい知識とその重要性とは?

エイジングケア

30代はお肌の曲がり角とよく言われます。10代は新陳代謝が活発になるため、思春期だとニキビや肌荒れに悩む学生や、20代は肌のケアの知識は人並みにあるけど、会社の飲み会などで酔っ払ってメイクを落とし忘れて肌がテカテカで顔がむくんでしまったことはあると思います。30代は特にその傾向が強く、それを続けた結果、シミやシワになることもあります。ここで正しいエイジングケアを学びましょう。

目次

1,エイジングケアとは?

エイジングケアとは、年齢に応じた肌のお手入れと言われています。人間の身体は生きている限り、加齢に伴う老化は避けられませんが、お肌も、年齢を重ねるごとに変化が起こってきます。例えば今80歳なのに、見た目が20歳なんて人はまずいませんよね。
エイジングケアは、内と外からアプローチしますが、ここではすべて内側からのアプローチを説明します。内側からのアプローチとしては化粧品です。化粧水や乳液などの基礎化粧品からエイジングケア用の美容液など、多くの化粧品が世の中に出回っていて、何が良いか分からないと思います。一般的に30歳前後になると、目尻の細いシワ、小さなシミなど、肌に少しずつ変化が多いのも事実で、ほうれい線などが気になり始めるのもこの頃です。では原因を探っていきましょう。

2,エイジングケアの方法

シワやシミができるのは、紫外線の影響と肌の乾燥が原因として多いです。シワは、肌が乾燥して皮膚表面が固くなると、表情の変化などによる皮膚の動きが戻りにくくなり、定着してシワに繋がるからです。シミに関しては、イメージできるし体感したことがあると思いますが、日焼け止めを塗らないで、紫外線が強い日に外でBBQをした後、肌が真っ赤になってやがて剥けます。これは乾燥による皮膚表面のバリア機能低下で、紫外線の影響を受けやすくなることです。紫外線は、皮膚内部で弾力性を支えているコラーゲンを破壊する働きを持っています。よって、肌のバリア機能が低下して紫外線の影響が大きくなると、ハリが失われ、シワやたるみなどの老化現象が促進されることになります。
また、紫外線はシミを作り出す原因にもなってしまいます。日焼けは正常なターンオーバーを妨げ、表皮細胞がダメージを受けやがて死んでしまいます。紫外線により、遺伝子にたくさん傷がついた細胞は自然に消えようとして、がん細胞にならないための仕組みがあるのです。日焼けした後に皮がむけるのには、このように大きな意味があるのです。

ここで重要になってくるのは、もうお分かりですよね。そう、保湿です。乾燥による肌の老化を予防するためには日々の保湿ケアが重要になります。化粧水と乳液という基本となるケアでもしっかり対策しておけば十分に効果があります。次で説明していきます。

3,保湿の重要性

健康な角層は約20〜30%の水分を含んでいます。肌内部の水分は、セラミドなどの保湿物質などによって維持されていますが、加齢などによるターンオーバーのサイクルが変わると、セラミドを作り出す力が弱まりと角層の水分が蒸発。肌のバリア機能が失われ、乾燥してしまいます。
そこで、重要なのが保湿。化粧水で水分を肌に十分に補給したら、乳液やクリームなどの油分でフタをして水分を逃がさないようにするのです。油分がないと化粧水を塗っただけでは乾燥してしまうので意味がなくなってしまいます。保湿をする上で、重要な成分であるヒアルロン酸は1gあたり6,000㎖も水分をたくわえることができると言われているので、ぜひ化粧水として使ってください。

4,エイジングケアをするとどうなる?

エイジングケアは年齢を少し感じ始めた時に行うもの。始めるタイミングは人それぞれですが、早いに越したことはないです。エイジングケアをし始めると、良くなかった化粧ノリが良くなり始めたり、うすいシワが目立たなくなったり目に見えるぐらいの効果が表れます。シミやシワは年齢を判断される材料になってしまうので、シミやシワがないだけでとても若く見られます。

クレンジング→洗顔→化粧水→美容液(乳液)など、毎日のスキンケアを今まで以上に丁寧に行い、予算に余裕があれば化粧品をエイジングケア用のものに切り替えましょう。たるみ、シミ、毛穴など、気になる肌トラブルに焦点を当てたアイテムを使用することが悩み解決への近道です。オンラインストアの化粧品は顔を見ながらの接客ができない分、サンプルを提供しているショップが数多くあります。まずサンプルを2,3日試してみてそれから購入するようにすると、自分の肌に合った化粧品を見つけられますよ。

5,まとめ

エイジングケアの内側からのアプローチを紹介してきましたが、もちろん外側からのアプローチも効果的にです。規則正しい食生活や定期的な運動は肌の健康を保ち、エイジングケアをサポートしてくれます。予防が肝心ですが、予防が足りなかったところはエイジングケアをしっかりと行い、見た目マイナス10歳を目指していきましょう。

by
ライティングから編集まで全てを統括する「Lither Base notes」の編集長。 毎日の健康維持と日々の美容ケアを欠かせない健康美容マニア。週一のサウナと食事にはこだわりがあります。


掲載の記事・写真・イラストなど、コンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright© P&F LLC All rights reserved.